東京粉末 REACT リアクト【リユースボトル】
東京粉末 REACT リアクト【リユースボトル】

東京粉末 REACT リアクト【リユースボトル】

1,430
(28point)

↑ ↓

残りあと1個
【リユースボトルを使おう!】

手の洗浄クリーナー

BOOSTやチョークアップの前に手にスプレーすることで、下地材やチョークのフリクション効果を最大化します。

また、手汗が多い人には手汗を抑えて効果的にチョークのパフォーマンスを発揮できる下地を作ることができるほか、乾燥時期には指皮に適度な湿度を保つことでフリクションを向上させます。

季節を問わず、皮膚のコンディションを一定にキープすることで、下地材やチョークの選択に集中でき、岩質や環境に合わせてチョークを選択することが容易になります。

スプレーのストッパーは小さいツマミを引っ張るもので、通常のプラキャップに比べて外れる可能性も低く、幼児や子供にとって、もっとも開けにくい仕様にしています。

アルコール(15%以下)、塩化ナトリウム(0.1%以下)、陽イオン界面活性剤(0.01%以下)、増粘安定剤-食品添加物(0.01%以下)

活性剤は一般の皮膚消毒液の半分以下の稀釈率です。何らかの異常が見られた際はすぐに使用を中止して大量の水で洗い流してください。また、傷口には使用しないでください。
以下ブランドコメント
 
【リユースボトルリユースに出会うという楽しみ】 
2019年、私たちはリユースボトル製品の販売を開始する予定です。これは、ボトルの傷や汚れ、マジックなどで書かれた文字、貼られたステッカーなどは除去せずに最低限の洗浄だけで再利用した製品です。
自分の使用したボトルが全国のどこかのクライマーに再利用され、いつかそのボトルと出会う日が来るかもしれません。自分用にと貼ったステッカー、目標達成を書き込んだマジック跡、それらは足跡となり、同じく過去の自分を越えようとするクライマーの手に届きます。
こうした小さなロマンや感動は、不思議な出会いや奇跡的なクライミング体験をもたらします。
 
【再利用するということ】
化石燃料やCO2排出量についても考慮するべきですが、なにより、まだ使えるものを使わないことが私達にとっては耐えられません。
資源を大切にとか、温暖化がどうとか、それ以前に、もったいない。綺麗で清潔な物は良いですが、そうでないから捨ててよいとは思えません。私達の工場では、エネルギーはもちろんダンボールや梱包材、紙コップや余った部品でさえも、可能な限り無駄な消費を省き、再利用しています。
再利用する為に作業が増えてしまったらコストが高いからやらない?
そんなこと関係ありません。捨てるより、使うことを選べるのならば、その手間は苦になりません。
時間的コストが上がってもなんとかします。再利用することはコストや収益とは異なる次元の話です。

 
私達は今後も自分達の出しているゴミや、人任せなリサイクル、無駄なCO2の削減など、可能な限り自分達でコントロール可能な生産環境を作ることについて、尽力していきます。

ぶつけたへこみもそのまま利用されています(内容量は変わりません)

サインもそのまま(誰のサインかな?)