山と渓谷社 ソロ 単独登攀者・山野井泰史
山と渓谷社 ソロ 単独登攀者・山野井泰史
山と渓谷社 ソロ 単独登攀者・山野井泰史
山と渓谷社 ソロ 単独登攀者・山野井泰史

山と渓谷社 ソロ 単独登攀者・山野井泰史

1,045
(20point)

↑ ↓

残りあと2個
ヒマラヤの大岩壁に果敢な単独登攀で挑み続けた山野井泰史。その行動と思想を克明な取材で追う。
10代のクライミング武者修行からトール西壁、冬季フィッツロイ、冬季アマ・ダブラム西壁の単独初登を経て、チョ・オユー、マカルーといった8000メートル峰の壁に挑むまでを描いた意欲作である。
山野井泰史は、沢木耕太郎著『凍』のモデルとなった登山家で、『凍』は講談社ノンフィクション賞も受賞している。

<目次・内容>
プロローグ 自分という極限 マカルー西壁・1996年秋

第1章 
高みを見るような

第2章 
少年の日に

第3章 
揺れる自我

第4章 
登る意味

第5章 
トール西壁

第6章 
敗れざる「フィッツロイ」

第7章 
奥多摩の日々

第8章 
妥協せず

第9章 
山に溶ける

第10章 
自分を生きる

あとがき
文庫のあとがき

解説 山野井泰史という男

文庫本
ページ数:384